manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

もったいないの気持ち

中学、高校、大学でどんな力(学力)がつくのか

これは各学校のトップではなく、平均的な話として考える機会がありました

 

前年度のテストから傾向を掴んで

人からノートを借りて受けた試験

 

文献を読んで適当にツギハギして書いた論文

 

それは単位を取るというプロセスではその通りなのかもしれませんが

それで本当に何を得たのか

 

これって卒業直後の若いうちはあまり気になりませんが

後からものすごく効いてきます

 

 

全部完璧になんていう理想はむずかしいから

ただ逆に全部が全部上のような調子だとなんだかもったいなく感じます

 

「せっかく勉強する機会があったのにもったいない」

「せっかく勉強したのにもったいない」

 

社会人、学生だけでなく、中高生のみなさん

ちょっと立ち止まって「もったいないかも」の視点で考えてみてはどうでしょうか

 

 

そうですね、講師のD.J.HIROは

どうしてもったいないと思うのか、それをこれから例示して

いや、感じてもらえるような形で文を書いていきたいと思いました