manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

物事を進めるということ

脱線してしまうかもですが

商売というのは、予想を立てて

・価格設定なり

・売り上げ目標なり

・利益の皮算用なり

 

をしています

 

計画経済ではない限り、確証はないです

 

どうしたら、こういう中で利益をあげていけるのか

D.J.HIROも謎でした

 

学生の方なら

お祭りの模擬店でビジネスの練習してみてください

 

あるいは

オークションででもいいですから

何かを仕入れて、売る中で利益を出すをやってみてください

 

まず、できないでしょう

 

 

どうしたら、こういうことができるのか

商売のカンを磨くことができるのか

 

詳しくはいつか書きますが

よっぽどの天才を除けば

実直に

「計画を立てて結果を反省する」の繰り返しです

 

例えば売れなくて赤字を補填してくれた

気の毒に思って誰かがたくさん買ってくれた

 

確かに、その瞬間は助かりましたが

長い目で見れば力はつきません

 

勉強にも同じことがいえます

違う意見もあるかと思いますが、まんてんエデュケーションでは

ここのところを大切にしています

 

無茶な計画を立てて

実行して(実行仕切れず?)

これで結果が伴わなかった場合

 

 

計画が意味なかった、とか実行できなかったから結果が出なかった

 

と結論を出してばかりではあまりにももったいない

 

できる計画を立てて

きちんと実行して反省する

 

できる計画なら当たり前だと言われると思いますが

案外難しいんですよ

 

そして、できるのなら次回から少しレベルをあげればいいではないですか

だんだんと負荷をかけて行って

 

ただ、実行可能な計画を立てて、きちんと実行してそして反省する

このサイクルが回るようになればものすごく力がつきます