manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

学生時代に学ぶことはゆっくり醸成したい

社会人になると

「勉強会」とか「セミナー」とかいう名の勉強会が盛んに行われます。

 

学生の時のように

「やりたくない」はいない・・・というか強制じゃないから来ないです

 

「わからない」は少ない・・・わからないのは恥ずかしい雰囲気になります

 

「全然勉強やってないよ」も聞かない・・・多分次回は呼ばれないんじゃ??

 

ということになります

 

さすが、社会人、自覚が違う・・・と言いたいところですが

 

よくよく見ていたり、D.J.HIROはこういう勉強会を仕事にしていたので

 

わかるのですが、必ずしも意識高いんじゃないんです

 

多くは

「お金に直結するか」「すぐに理解できる」ように内容を整えているんです

 

言ってみればテレビゲームみたい

 

お手軽な、にわか知識となってしまっているのが数多くあり

 

即効性はあるんだろうけれど、、、というのが多い

 

それだけを求めているのならよいのですが、

 

学生時代に、若いうちにちゃんと勉強しておけばと思っていることは

 

なんだったのでしょうか

 

即効性のないもの

 

即効性のないものは、関心がなかったのに

 

でもそれを求めている

 

だったらやればいいのに、それができない

 

今、学生の方達は社会人になっていないのでピンと来ないかもしれませんが

 

それでも、ご自分の人生を振り返って

 

ちゃんとやっておけばと思うことありませんか?

 

同じように、考えてみてください