manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

まんてんエデュケーションでできること

何者かになりたいということについて何回かに分けて書いて来ました

 

何者かとの定義は

・有名人になる

・第一人者になる

・歴史に名が残るような人間になる

 

ということで話をして参りましたが

つまるところ、自分の表現した作品を世に出さないことには

はじまらないということで

いわゆる知的財産権の対象となるものを例に話を進めました

 

 

ただ、これらのベースにあるものは

学校の卒業論文であったり、実験レポートの延長にあるもの

ただ、漫然と学校の課題をやっているだけではなく

世に残る書き方、まとめ方が必要となってくることを述べました

 

 

同じくして

文学的な作品は別としても

文系でも一般的に求められる文章(契約書・報告書・企画書など)も

それは学校での課題にどう取り組むかで力がついてくる

しかしながら、それを学校の先生に期待して

いつのまにかできているというものでもなさそうという話をしました

 

 

そして、何者かになったから知的財産権や文章がかけるようになるのではなく

その前から書いているのだということ、そのためには前段階から

書き続けていくことが必要だと述べました

 

 

さすがに

まんてんエデュケーションの現在の講師陣では

作詞作曲、描画、小説などの制作指導は厳しいですが

何者かになるための表現活動や知的財産権を得られるような文章の書き方

またそれに繋がる視点の持ち方はサポートできます

 

 

できるようになる日を受け身で待つのではなく、ぜひまんてんエデュケーションで

今からその力を養い、磨いていきましょう

お越しをお待ちしています