manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

つまずきの解決は分解にあり

つまづいている箇所をチェックするために

勉強の様子を、つまり手の動きをチェックしています

もっというと頭の中の作業、手の作業をできるだけ

D.J.HIROが分解してOK NGを判断しています

 

 

数学が苦手であれば

数学のどこが苦手か話を聞き

実際に問題を解いてもらいます

 

 

この時D.J.HIROは生徒さんの正面に座って

分解しながらチェックしています

 

 

さて、先ほどの問題

数学の連立方程式が苦手だとわかりました

 

だったらどうして苦手か見ます

普通の一元一次方程式なら解けるのか

加減法だけなら解けるのか

 

などです

 

 

希望があれば別ですが

不必要なところは突っ込みません

まず必要最小限のところを克服して

できるようになったという気持ちを味わいます

 

最近の話ですが

中学2年生の事例二つをあげます

 

1人は移項ができないことがわかりました

その理由は、学校で移項を習った時に

移項理解するために先生が説明した導入の話と

実際の移項の機械的な作業の話がごちゃごちゃになってしまったのです

 

さらに周囲に相談したり、質問したりすることが

できない環境でした

 

どうもこのまま1年が経ってしまっていたようでした

 

移項についてきちんと教えて

できるようになりましたが、気になる言葉にいくつか気がつきますよね

こうした問題については併設の心理カウンセリングルームでも対応しています

 

 

また別の事例ですが

移項はできても負の数の計算ができない生徒さんもいました

ここには深い問題(ディスカリキュア)が隠れているかも・・・

とのことで専門家におつなぎしました

 

今回の事例は

メンタルや発達の課題が背景にあるケースでしたが

まんてんでは直接は対応しきれない場合は併設のカウンセリングルーム

また、適切な専門家の力をお借りしてよりよい方向に進むようお手伝いしています