manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

課題の設定と時間配分でつまずかないように指導

中学一年生になると

算数が数学になり、期待と緊張感の走る生徒さんたちの顔が浮かびます

 

一方で、数学が始まっても

以外にもやっていることは簡単

 

マイナスとマイナスをかけるとなんとなくプラスになることは知っているし

なんでこんなことに長々と時間をかけて説明するんだろう

 

とか

 

計算だって、小数のわり算みたいな神経が衰弱するような課題もなく

 

まず数学では

定義に基づいた言葉の世界が延々と続きますが

話が上手くない人の説明や解説を聞いているだけで混乱しますから

ここがつまずくポイント

 

あとは、ここに引っ張られて

計算演習が不十分、なおかつ計算自体は単純だから

なめてかかってしまう

 

 

定義などの言葉の世界は一発で頭に入る人とそうでない人がいて

時間をかけなくてはいけないことは、毎回五分とかで復習をして

日頃歩いているときにでも思い出せるようにしてあとは演習ですね

 

で、どこでミスるかをチェックです

この手の計算で100%を出せないとあとあと困ります

だって途中の計算過程でミスったら、その後ミスしたものを引きずって

絶対に合うはずがないものを延々と計算してしまうことになるからです

 

おかしいなと思ったら止まって考える習慣

ここできちんと身につけていきたいものです

 

 

計算を繰り返していけば、内容の理解の助けになります

そしてわかっていて、かつ100%の正解率を出しているのなら

さっと次の課題に行くこと

1時間に◯ページ、といった勉強の仕方をしないことです

 

時間をかけるところにしっかりかけるためにもメリハリを

大切にして進めています