manten memo

まんてんの取り組みを記録しています

さっと手書きが進む学生の特徴と偏差値との関係

仕事柄多くの学生、若手社会人に接しますが

偏差値と手書きに対するハードルの低さは関係があるように感じます

 

偏差値だけでいいのかという言葉が出てきますが

イメージとしてここでは使います

いわゆる高偏差値の出身または学生は

何か考えたり、作業したりするときに

裏紙とかに大胆に字を書いたり図を書いたりするのが

言われなくてもやっている、または取り掛かりが早い

 

一方はというと言われても書こうとしない

と言った差が多く見受けられます

 

 

いや〜私は天才肌だから書かないということもあるかもですが

一般的にそういう傾向があるとまでは受け止めてください

 

となると、観察している方も

作業の様子を見ているだけでわかりますよね

 

それに考えを紙に書きながら進めている方は

オープンだしわかりやすく人を巻き込めやすい

なので自然と人が集まってきて作業が進んでいくと言ったメリットもあります

手書きの話

手書きのメリットについて今日ラジオで話をしていました

世界は夢であふれている ~昔気になってた夢の今をのぞいてみた~ | LOVE FM | 2018/12/29/土 07:25-08:00 http://radiko.jp/share/?sid=LOVEFM&t=20181229072500

 

手書きで書いた夢の方が叶う可能性は高く

 

また

 

手書きで書いたノートは記憶の定着もいい

 

ということ

 

 

なんでもそうですが、「これさえやっていればいい」と言った

機械的な作業にしないで

この言葉が意味するところを考えて取り組めばきっといい結果になると思います

 

 

ちょうど年末年始ですので

今年の反省も来年の目標も紙に手書きでやってみましょう

 

もちろん自分だけのものにしていいので

見せるとかは考えずに

自分のできるようになったことについて注目してみることを休みにやってみよう

今日で仕事納めで、世の中的にはこれで年末年始の連休です

いろいろあって評価も受けてきた一年だったと思いますが

この一年の成果

 

「できるようになったこと」を軸に自己評価してみましょう

 

評価というのはどうしても他人と比べてしまったり、

基準や標準に対してどうだとかになってしまいますが

比べるのなら自分

 

一年前とどう成長したかを考えてみましょう

学校に行っていないとしたら何を勉強したらいいのでしょうか

学校に行っていないとしたら何を勉強したらいいのでしょうか

 

D.J.HIROのクライエントさんからの相談には

学校に行っていないのですが勉強したいとの問い合わせがあります

 

さて、学校に行っていないとなると

一体何を勉強したらいいと思いますか?

 

昔からある話ですが、勉強しても役に立たない

テストで何がわかる

と言ったもの

 

それはそれで一面では正しいと思いますが

では

学校も試験もなければ何を勉強したらいいか

わからなくなるのが実際のところです

 

いえいえ、社会に出たら

これが当たり前だと思った方がいい

 

「あれやりなさい、これやりなさい」と言われているところから

必ずと言っていいほど自立する日がきます

 

そのとき、何をすればいいのかがわかる

これができたら勉強は楽しくなると思うんだよね

 

ワンチャンスにかけると思って取り組むこと

周囲が納得する形で出番を掴むには、日頃から準備をしておいてここ一番のワンチャンスを活かす

 

威張ったり、ゴマをすったりすることができないからそうしてきた

 

こうして毎日ブログを書いて準備をしているのもその一つなのです

研究とは準備の仕事

35歳くらいまで研究員の仕事をしていたので

「研究」ってどういうことをやるのか聞かれ

またそれに答えると意外な顔をされます

 

「研究」って道具を揃えている時間が一番長いと答えたからです

つまり準備の時間ね

 

もちろん人によって違うのだとは思うのだけれど

 

 

研究って本を読んだり、実験をしたり、論文を書いたり、そして発表をしたり

そういうイメージだと思うんです

 

そういうD.J.HIROもそうでした

 

実際にやってみると全然違う

 

 

 

理系の学生さんは

将来は研究職になりたいという人が多いです

 

個別の質問もそうだし、いわゆるオープンキャンパスでもそう

 

準備をしている時間は

やらされだとつまらないけれど

自分でこういうことをしたい!!

 

と思って取り組んでいるとものすごく楽しい

 

そんな話を講義の中でしています

勉強の仕方その三

勉強の方法というのは

今や本屋さんにもネットにもたくさんあります

そして数多くのアドバイザーという方がいます

 

 

学校はじめ先生から

職場であれば上司先輩からこうやれとやり方を強制されることもあるでしょう

 

 

講師のD.J.HIROも

こうした勉強方法を教えるのが仕事なんですが

その仕事、個人個人に合わせて提案しています

 

個人の特性、現在の実力

 

今の学習方法

 

そして現在の課題と将来への目標、そして達成するまでの時間

 

 

どれが正しいかどうかは

本人が納得する成果を出せているか

 

です。

 

 

まんてんエデュケーションに来られる方は

それなりの思いを持って来られると思いますので

 

どうぞ数ある学習方法、仕事の進め方がある中で

ご自分にとって今一番最適だと提案された方法で取り組んでみてください

 

もう一つ

過去にいろいろ提案されて

それが苦痛だったり、結果に結びつかなかったりして

困られていると思いますが

それもまんてんエデュケーションでは把握させていただきご提案いたします

 

 

 

 

勉強の仕方の続き

今まで一年勉強の仕方の話をしてきました

 

こういう仕事をしているので成果をあげることはもちろん使命ですし

それが講師にとってもやりがいにつながっています

 

成果というのは

試験の成績、試験の合格でもちろんそれが目指すところですが

もう一歩踏み込んで

クライエントさん、塾生さん、生徒さん自身が

自分の成果について自分なりに評価して自信を持って進めてほしいというのが

最大の狙いです

 

講師のD.J.HIROがOKを出せば、それでOKというのではなく

自分自身が成果を感じてさらに進めたらいい

 

それを感じられるのは対面相談なのかなと思うようになりました

面と向き合ってそれを感じるのが良いでしょう

 

もちろん

電話などの手段もありますし、対応もしますが

一方で遠くから訪ねて来られる人もいるので

基本対面だけど、遠方で来るのが難しい方はご相談ください

 

というようにしていきたいと思うようになりました

勉強の仕方

勉強は計画を立てることが大切です

でも計画とは時間割ではありません

この問題集を1ヶ月かけて終わらすでもありません

じゃあどうやって計画を立てるのか

 

 

例えば一冊の本を終わらすと言っても

それってどういうことでしょう???

 

 

本だとアバウトすぎるから

中二の数学の教科書を終わらす・・・

これだったらイメージできますか?

 

 

でも終わらすって???

 

 

そうですよね、終わらせるとか終わらせないとか

そんなの人が勝手に言っていることです

なので誰が言ってもホントかどうかわからない

 

 

なので、

例えば本の一番最後にある学年のまとめの問題が

ほぼ全部自分で解けるようになる

 

という感じで「終わらせた」というようにしたらどうでしょうか

 

つまり計画のたて方は

この本を使ってどこまでできるようになればいいと決めることです

 

人生は人それぞれ

半分だけ解ければいいという考えもあるし

いや全部解けなきゃという考えもある

そのどれだけできるようになればいいというのも計画の一つです

 

 

なので、よくわからない

○○時間勉強しました

というのだけではあまり計画になっていません

積ん読解決ソリューション

勉強熱心の人ほど積ん読をやってしまうと思うのですが

それをどう解決するのかはなかなか大変です

 

例えば、

作っていないプラモデルが山積みされているのは多分これは解消しないと思いますが

本なら何とかなります

 

なぜなら、それはインプットとアウトプットの問題だから

 

つまり、読んで頭に入れて出てくれば良いでしょと割り切れるから

 

とは言っても、、、

 

と言い出すと止まらないとは思いますが

 

これに対してまんてんエデュケーションでは解決策を提案します

 

・本を読んでどこまで理解していればいいかの提案

 

・そしてその本に対して講師のD.J.HIROが大事なところを質問するのでそれに答えるよう読書をすることにより積ん読が解消されます

 

・どういうところが講師のD.J.HIROが指摘したのか、そのパターンを身に付けることによって厚くて重くて長い文章の読書のコツが掴めるようになります

 

studyhacker.net

やりたい勉強

これまでD.J.HIROが手がけたい勉強が

・気象

・建築史

・教育史

 

で、最近が

・峨山道

・和菓子

 

今思ったのが音楽史

かな

 

詳しく考えて行きましょう

年内の更新について

元旦から毎日更新していたブログです

年内までは日々更新して、その後はある程度まとまった形にしてから

投稿する話をしていましたが

 

昨日健康診断で血圧を測定したら

ものすごく高かかったので

もしかしたら緊急治療に入るとか

また安静にしてなければという展開もあり

 

いったんここまでとし、

余力があれば日々更新することにします

 

ここまで353日

あと12日なので惜しくもありますが

体調を優先します

ご案内

先日紹介したスタディハッカーですが

ライターさんの専門性を調べた結果

そのまま受け取るにはということもあり

一旦はリンクを貼りましたが

活用については慎重に進めてください

 

まんてんエデュケーションでは

実績に基づいて経験豊かな講師と

心理カウンセラーがしっかりとサポートいたました

月に何冊本を読めるか?

D.J.HIROは学生時代に教授の先生から

本を読みなさいとよく勧められました

 

「僕が若い頃、君くらいの頃は一日に7.8冊読んだ」

と。

 

月にではなく、一日だそうです

 

 

あまりにすごすぎて

真面目に取り合っていなかったのですが

つい最近、数年前はD.J.HIROも月に50冊は読んでいました

 

もちろん、斜め読みとか拾い読みとか

そういったことをやります

そして月に50冊も買うお金がない訳ですから

図書館で新刊を借りて読みます

 

このまま頑張れば一日に7冊とかいけたかもしれませんが

引っ越してしまったので図書館から離れてしまい

それは叶いませんでした

 

この教授というのは義父で

最近、このことを話したのですが

この読み方で正しいとのこと

 

ですので、今度はD.J.HIROが若い人たちに勧めていきたいと思います